ユニフォーム作成時の加工方法について

ユニフォーム作成時の加工方法には主に下記のようなものがあります。

ラバーシート印刷
色付きのプリントシートで、サッカーのユニフォーム等に多く使用されております
フルカラーラバーシート印刷
白のシートに特殊なプリンターで印刷して、圧着する方法です
シルクスクリーン印刷
街で見かけるプリントTシャツのほとんどがこの加工方法です
縁取り刺繍
 

当社では「シルクスクリーン印刷」以外は自社で加工が可能です。
最近では、フルカラーラバーシート印刷加工が主流です。

プリントのメリットについて

プリントにはシルクスクリーン印刷と比べて多くのメリットがあります。
色数についての規制やサイズの変更等、柔軟な対応がとれる上、1枚からでも注文を受ける事が出来ます。

以下にプリントの特長とメリットを挙げます。

小ロットにも低コストで対応!!

小ロットにも低コストで対応!!

フルカラーラバーシート印刷(ラバーシート印刷)は版を必要としないので1枚、2枚の注文でも基本的には『シャツ代+プリント代金』だけで対応できます。
一般的なショップでTシャツを買うよりも安い値段でオリジナルのプリントTシャツを手に入れる事が出来ます!!

複雑なデザイン、配色でも低価格で印刷が可能!!

複雑なデザイン、配色でも低価格で印刷が可能!!

複雑なデザイン・配色でも特殊なフルカラー印刷機で印刷する為、凝ったデザインで高いだろうな~って思う加工でも、思った以上に低価格で実現可能!!
シルクスクリーン印刷では不可能なグラデーションも印刷可能!!

プリントの色替え等にも追加料金が発生しない!!

プリントの色替え等にも追加料金が発生しない!!

プリントはシルクスクリーン印刷のように「3色刷りだと色替えの為、追加料金が発生」というような事がありません。

何色刷りでも同一金額です。

色んなサイズでも即対応可能!!

色んなサイズでも即対応可能!!

シルクスクリーン印刷と違い、版を必要としないので2回目の注文時に「デザインを少し小さくして練習着等にプリントしたい」といった場合でも余分な版代等の追加料金無しで作成できます。

また、データはデジタル(Adobeイラストレータ)で管理している為、デザインの縮小・拡大も追加料金無しで可能です。

プリントのデメリットについて

色落ち、ヒビ割れ、剥がれが発生する場合がある

プリントは良い所ばかりではありません。
刺繍等のユニフォームに比べると、洗濯のやり方によって違いますが、色落ちやヒビ割れ、剥がれ等がたまに有ります。

* 当社では加工から1年以内は補償いたします。

注文枚数が増えるとシルクスクリーン印刷よりもコストが掛かる場合がある

小ロットでも低コストで対応できるフルカラーラバーシート印刷(ラバーシート印刷)ですが、注文枚数が多くなればなるほど、シルクスクリーン印刷の方がコストとしては安くなる場合があります。

お店によっても違いますが、大体30枚以上の作成となるとシルクスクリーン印刷にした方がお得になる時があります。